第二一三稿(GSX-R1100、自作器具にてキャブレーター同調) - スポンサー広告キャブレーター

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第二一三稿(GSX-R1100、自作器具にてキャブレーター同調)

四気筒エンジンのキャブレーター同調なんて素人がうかつに手を出すべきものではない、と思っていました。が、今日、探せば情報はいくらでもネットで見つかりますし、色々見ていると出来そうな気がしてきます。そもそも仕組みは簡単ですし、複数のキャブ間の負圧を揃えれば良いだけなので、具材が揃っているならば決して難しい作業ではないはず。

第一四八稿(GSX-R1100、キャブレーター・ミクニBST34SS)
第一五二稿(GSX-R1100、圧力計とブルドン管0点調整)
第一六三稿(キャブレーター同調、自作器具の気密性)
第二〇六稿(GSX-R1100、キャブレーター同調、の下ごしらえ完了)

s-DSCN5649.jpgs-DSCN5648.jpg

手作り感満載の(と言うか手作りそのものの)シンクロ装置。
ペットボトルは底に穴をあけてノズルを付けた方が使い勝手は良かったでしょう。


今回はとりあえずやってみる、という事自体に意味があり、またできるだけ安価に自作で道具を揃えることに目的がありました。準備したものは以下の通り:
  • 圧力計(負圧を測れるタイプで汎用品、ネジはNPT1/4)
  • ノズル(NPT1/4 → 6㎜)
  • シリコンチューブ(内径6㎜)
  • ポリウレタンチューブ(外径6㎜)
  • レギュレーター(外径6㎜用)
  • 負圧取り出し用のノズル(M5)
  • Oリング
  • シールテープ
サブタンク用に:
  • ノズル(内径8㎜用 → ガソリンチューブへ)

その他圧力計チェック用に注射器

すべてアリババと40人の盗賊特急(アリエクスプレス)で購入してます。総額は〆て五千円以下でしょう。
安いのは良いのですが、探すのにコツと労力が要りますし、ネジやら径やら多少ややこしくなります。あともちろん配送には時間がかかる。

ですからそういう事が苦にならない、あるいはむしろ面白いという変態チックな人以外は出来合いのキットを購入した方が良いのだと思います。圧力計自体の精度が気になる人も同様。それ以外は気密をちゃんと保つ事に気を付ければ問題ありません。ちなみに圧力計の精度ですが、定圧にて同じ値を示せば用は足りるので、私はそれ程気にしませんでした。
それに対してチューブやレギュレーター、ノズルやOリング等の品質は上々と思います。この程度の用途には全く問題ありません。



さて、そんなわけで長々と準備してきましたが、ようやく作業にかかります。なにせ初の経験なので時間がかかるだろうし、気温が高くなり過ぎる前に済ませてしまいたい。
たまたま隣人のパトリス(二児の父)がZRXのチェーン掃除に降りてきていたので手伝って貰う。と言うより自作の圧力計を見て目を白黒させていた。彼はメカいじりはしたくても自分ではできない、と思っているタイプなのですっかり喜ばれてしまった。

s-DSCN5656.jpg

チューブを繋ぐだけですが面倒なのがここ。内側2番3番はやっかいです。そうでもなくても+ネジは潰しがちだし、ノズルを入れる際にも斜めに入れたら一巻の終わり。面倒でしたが、念のためキャブ自体を外しました。

s-DSCN3725.jpg

汎用のノズルなので短く作業しにくい。
細いアレンキーを差し込んで伸ばして作業しましたが、あくまで手でねじ込まないと危ないです。
また、付属の樹脂ワッシャーでは気密性が心許ないのでM5用のOリングに交換。それなら軽く締めるだけで漏れません。

そしてエンジン始動、少し暖機した後アイドリングを上げます。

s-DSCN5652.jpg

いい感じに狂ってました。これならやり甲斐がある。
むしろ嬉しい。でもこんな状態で走ってたのか、と思うとちょっと悲しく恥ずかしくもある。

s-DSCN5625.jpg

予備のキャブで予行演習。ネジはこの位置で結構深い。
写真のファコムのドライバーにエクステンションだと微妙に動いてかなりやりづらく、普通に長いのものを使用。


調整はマイナスドライバーで規定のネジを三本いじるだけ。マニュアルによれば、まず4番を3番に合わせ、次に1番と2番を合わせ、最後に1-2と3-4を合わせる。この最後のネジにはロックナットがついてる。確か8㎜のソケットで解除できる。
ネジの位置が深く多少苦労しますので、長くしっかりしたマイナスドライバーがあると良いです。

そして、

DSCN5655.jpg

まずまず揃いました。3番がちょっと低いですが…まあ初めての経験、かつバイクとは恋人なのであまり最初からあまりしつこくしない方がいいかと。次回は(いつ?)もっと上手くできるでしょう。念のため(ブルドン管を捻ったりしているので)、作業終了後に再度注射器で圧力計間のばらつきを確認しておきます。結果はちゃんと揃っていた。どうも一度揃えれば問題ない様子。

雨が降っているのでまだ試乗してないのですが、アイドリングが全然違います。明らかに安定してる。もともとそれ程不安定というわけでもなかったですが、はじめの状態でメーターを見れば結構ズレてましたから、これは当然の結果なのでしょう。例によってもっと早くやっておけば、というパターン。
個人的にとても面白いと思ったのは、同調作業中透明なチューブの中をガスが行ったり来たりしているのが見える。これは予想だにしていませんでした。あくまではっきりと見えるわけではないのですが、良く見るとナニカが行ったり来たりしてる。はじめエクトプラズムかと思った。流体力学の妙ですよこれは。

ともあれ、材料集めから始めて無事に済み、かつ効果も高いということで本人的には満足度の高い整備となりました。
次回は…このまま調子にのってタペット調整?その昔、グッチではやった事あるのだけど、あれは鬼の好アクセスだからちょっと参考にはならない。それにひとたび開けると色々不具合が見つかりそうで躊躇してしまいます。

※2016/5/27追記:同調後初乗り。エンジン水冷になったかと思った。快適です。

にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へ
にほんブログ村
関連記事

Comments - 2

ろりつね  

No title

こんにちは。

私も昨日、キャブの同調を行ったのですが、こちらの記事を大変参考にさせていただきました。

実際には既成品の4連ゲージだし型式違いによって取り付け位置なんかはまるで違ったのですが、とにかく勇気づけられたのは事実です。ありがとうございます。

実は最初の時点でそれほど狂ってはおらず、元々の症状がシャリンさんの 惨状 ほどは酷くなかったので、意外と狂ってなかったのも当然なのかもしれません。

ただまぁ、走ってたら彗星のようにバラバラと欠片をそこらに撒き散らすんじゃないかというほどの振動だったのが、調整後にはめっきりと大人しくなりました。いや大人しくはない。少なくともバラバラにはならないんじゃないかなっていうくらいの優しさが顔を覗かせる程度のバファリン。

その辺はおいおい記事にしてゆこうかと思っております。

キャブが全く違うものだとは思わず、キャブの下になにか付いているのか…!?と見るも特に何もなく、サービスマニュアルには「下部にあるパイロットスクリューも調整してよ」って書いててパイロットスクリュー調整用の特殊な超ロングL字ドライバーも買ったんですが、その存在を発見できず。キャブを外すのは面倒臭すぎるので遠慮したい。

パトリスのきもち。


2016/06/20 (Mon) 21:47 | EDIT | REPLY |   

車輪の上  

りろつねさん

こんばんは!なんだか超ご丁寧に御意見頂戴したようでこそばゆいような気もしますがどうもありがとうございます。
言われてみると私も後期型の諸元などは全くわからず、特に気の利いたことも言えないのですが、とにかく無事に済んで良かったですね。振動については個人の感覚もあって良くわからないのですが、私の場合はダイヤフラムの交換でびっくりする程良くなりました。もっとも当初は実際に惨状だったのでやっぱりちっとも参考にはならないかも知れません。震えてなんぼ、みたいのもありますしね。

ところで「下の何か」ですが、メクラ蓋が付いてるのでは?と思ったりしますがどうでしょうか。面倒くさいのは確かに面倒くさい、縦置きのツインとか反則だろうとつくづく思います。

いずれにしてもレポートを楽しみにしてます。それではまたね。

2016/06/21 (Tue) 22:32 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply

Trackbacks - 1

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック
  •  GSX-R1100さんのキャブ同調 その1(準備編)
  • はい。 TZR50のレストアも終わってしまって、バイク整備がないとすることがない… 気がつけばもう7月じゃないですか。 早い。暑い。 というわけでキャブ同調。 ウチのGSX-R1100さん、四国・中国一周ツーリングの終わりあたりから振動が酷くなってきてまして、もう手が弾かれる勢い。 それでも右手は離せないからって運転してると、30分くらいで手がジンジン痺れてくる。...
  • 2016.07.07 (Thu) 22:49 | しゃれこうべはしゃべらない
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。