第二〇五稿(2016復活祭、あるいはプチツー/フォンテンブロー城) - スポンサー広告二輪夜話・パリパリ伝説(FFMC)
FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第二〇五稿(2016復活祭、あるいはプチツー/フォンテンブロー城)

復活祭の季節が終了してほぼ日常通りになってきたけれど、スーパーマーケットに行けばまだチョコレートの卵やらウサギやらは売っている。今年は三月終わりだったのでもう一週間以上は経つのに、それはなんというのかお国柄か―

先週、そんなスーパーで夕食の買い物にうろうろしていたら近所の老婆に出会った。名をドゥニーズと言う。もともと妻の知り合いで、家にお茶に招かれたり、私のことをなぜかピヨピヨと呼んだりと可愛がってくれるのだけど(スズメに似ているらしい、と言うか似てないと思うが…)、復活祭の日に家族が誰も訪ねてこなかったと嘆いていた。
体調も悪いらしく、話しているうちに涙目に。国籍・年齢に関わりなく女性はいずれにしてもすぐ泣くものだから、それは別に気にしないのだけど、この件に関しては私も後悔することが多い。「孫」というものが「孝行したい」なんて殊勝なことを思いつく頃には、一般に遅すぎることが多いのだ。とは言え、若い頃にはそれがなかなかわからない―

s-DSCN5207.jpgs-DSCN5204.jpg

話はもう変わるのだけど、日曜日に森へ。天気が良く、気温も15度位もあったような。暑い位だった。
いわゆるフォンテンブローの森。ハイキングに来てる人達がそれなりに沢山。家族連れだったり、町内会的な感じだったり。私はちょっと高速に乗りたいだけだったので、パイプで一服してとんぼ返りの予定だった。距離にして60km程度南に下るだけだから、せっかくの日曜なのに留守にするなんて、と怒られずには済みそう。

ちなみに前回直したスピードメーターは完全です、振れもなく気分は良い。反面、どうも高速安定性(と呼んで良いのかすらわからない)には欠けるような気がしてならない。ちゃんと走るのだけど―
タイヤを替え、サスは新品、FフォークもOH済み、ステムベアリングも数年前に替えてるし。同世代のいわゆるメガスポーツ誕生前夜、の他社製に比べると何かあるような気がします。(悪い意味で)何かある。今後の課題なのかも知れないけれど、そこまで行けるかどうかも怪しい。たぶん生まれもっての性質なのではないかと思ったり。日曜大工的には次はとりあえずキャブ?どちらにしてもパワーはもっと欲しい。

ところで森は火気禁止だったので、それは確かにもっともと思い、

s-DSCN5216.jpg

帰りかけましたが、適当に走ってるとお城があった。バイクは沢山とまってるので私もとめる。
道の駅なんて良いモノがないので、自然とこういうことになるようです。春で、復活祭あけの日曜で、天気も良いとなればやはりみんな走りだす。自販機はない。地元の名産品もない。贅沢なのかストイックなのか。
城で腹は膨れないのだから、どちらかと言えば贅沢とは言えなかろう。

s-DSCN5220.jpgs-DSCN5219.jpg

極上のヤマハ。バイクを見るのは楽しいですね。日本車の地位。
他のどんな分野よりも日本製のプレゼンスの高いがバイク。
車はルノーやらプジョーがあるし、IT関係だってむしろ埋もれてる。バイク乗らずして何の人生か、と週間バイクTVでも言ってる。

s-DSCN5221.jpgs-DSCN5225.jpg

マニエリスムの内装が良いお城らしいですが、特に見ずにパス。お城はみんな好きですが、キライという人ももちろんいる。私は複雑な気持ちになる方。見るべきものは勿論あるのはまったくその通り。
ところで、「私お城嫌い」なんて言ってみせる女子がいたら、ちょっと恰好良いと思うだろう。

s-DSCN5223.jpgs-DSCN5226.jpg

この乗り物。実はうちの近所でも、通勤とかに使ってそうな感じで時々見かける。
公道は走れないのじゃないかと思うのだけど、いずれ取り締まりの対象になるのかどうか。
傍から見る分には、結構スイスイ走りますね。意外と速い。


s-DSCN5232.jpg

野外で初めて試みてみた一服の様子。人目は気になりますが、それを除けば悪くないように思います。ちゃんとしたライターを(まだ)持ってないので、キッチン用の長いのを使ってるのだけど、ついそれをそのまま持ってきたのが唯一なんだか小恥ずかしかった位。さすがにチャッカマン的なライターでは様にならぬ。でも大したことではない。

マスツーじゃないのだから急がないのです。小さ目のに初めから詰めてでかければ、準備に時間がかかるわけでもない。ただ、ゆっくり味わう気持ちになるのかどうかは別の問題。
戸外用に有蓋のパイプが欲しい、とかまた悪い癖がむずむずするのを感じつつ帰宅したのでした。

それにしてもそろそろリアカウルを直したい。

にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へ
にほんブログ村
関連記事

Comments - 8

es  

No title

新旧z1000がいますね。世界中で売っているわけですから当たり前なんでしょうけど、遠く離れた土地で同じバイクにまたがる人がいると思うと不思議な気分になります。

お城の話、峠道で山城跡の碑を見つけたりすると何というか切なさというか儚さを感じるものですが、石のお城は有無を言わさぬ存在感がありますね。

ちなみに私の実家の松本城は建築当初の姿を残す稀有なお城なのですが、大した戦も無く城主も無名で、その結果と言っていいものなのかわかりませんが敷地内は穏やかな憩いの場になっています。

2016/04/07 (Thu) 19:09 | EDIT | REPLY |   

ろりつね  

No title

おおFZ400が居る!?と思ったらFZS600ぽいですね。

そういう未導入車を除いて、日本も欧州も走ってるバイクはあんまり変わらないのかもしれませんね。
でも欧州からすれば日本車が外車なわけで…
こういうバイク写真面白いです。

私のとこは北海道なのでごく一部にしか城がなくていわゆる日本の景色と言ったモノは馴染みのないものでした。
水田より畑、スギはなくシラカバで瓦屋根もコタツもありません。

妖怪とか名家とかもありませんし。
歴史を学ぼうとするとどこか遠い国の話にしか聞こえませんでしたねぇ。

2016/04/08 (Fri) 01:47 | EDIT | REPLY |   

車輪の上  

esさん

こっちを向いてるのが新型で、お尻を向けてるのがesさんのともしや同型ですか(違っていたらごめんなさい)。ER-6と並んでz1000は良く見るカワサキの一つです。比較的若い人に人気で、これでゆっくり走ってるのは見た事がないですね(笑)。

この石の城は戦がどうの、という時代のものではありませんからねえ、すでに絶対的権力の確立していた時代の証ではあります。

松本城は善光寺と並んで一度行ってみたい所の一つです(並べていいのかしら…松本と長野は違う!と地元の人は仰るかも?)。一時仕事の都合で南信州のほうに居た事がありますが、山がとてもきれいでしたね。良いところでした。

2016/04/08 (Fri) 20:58 | EDIT | REPLY |   

車輪の上  

Rollin' Foxさん

私なぞはざっくり「フェイザーっぽいのがいる」、位に思ってましたが違うのかしら。そもそもフェザー?フェイザー?とか言ってたらきっとヤマハさんファンからは怒られそうです。

実際街には日本車(バイク)が時代メーカーを問わずごろごろしていて、確かに面白いのです。もうちょっと写真を載せよう…と思いましたが最近引きこもり気味なのでなんとも。

北海道はある意味移民の国なのでしょうから、「本土」とはまた違った北海道観というものがあるのだと思います。それを全国の学校レベルではあまり突っ込んでやらないのかな、という印象は確かにありますね。私も最近になって知ったこととか沢山ありますから。ところで個人的に知らず、また気になるのは、移住以前のルーツのようなものを道民さん的には意識してるのかどうか、ということです。簡単に一般化はできないのでしょうが…

2016/04/08 (Fri) 21:13 | EDIT | REPLY |   

ろりつね  

No title

ここぞとばかりにオタク知識を披露しますと、1985年のFZ250 PHAZER(時代+erの造語)につけられたのがフェーザーで、それ以降のFZ1などはFAZERでフェザーですね。

北海道はせいぜい200年ほどの歴史しかないんですよね。道民的には、そんなこと考える人は殆どいません。
たった200年なのに、もう自分らがどこから来たのか、なぜ来たのかなんて知らないです。他の家では伝わってるのかもしれないですけど…
でも地名は面白くて、札幌に広島があったり釧路に鳥取があったりするので中国地方が多いのかもと思ったり。

かたわら、友人にはアイヌ系もいて、でもそれを意識することはないですけどね。
函館だけは情勢が違って、北海道人の中では内地扱いですね。

2016/04/08 (Fri) 23:48 | EDIT | REPLY |   

es  

No title

仰る通りこっちを向いているのが新型で、お尻を向けているのがD型(私のと兄弟車)ですね。
全く日本では見かけないER-6が多いというのはやはり欧州ですね、400ccのER-4は日本でも全く見かけませんが(笑

松本城は大きくないので期待して見に行くと少しがっかりかもしれませんが、外観上5階建てなんだけれど、中は6階建てだったりして、中に入って登ってみると地味に面白いです。

ちなみに、松本と長野を一緒にすると怒るのは松本の方の人間ですね。私もそっち側です(笑)

2016/04/09 (Sat) 18:27 | EDIT | REPLY |   

車輪の上  

RFさん

そう言われてみれば私の友人の高校生時代のバイクがPHAZER250だった気がします。むしろ私たちがリアルタイムだった時代のモデルですよね、今でもそんな知識が伝えられているなんてある意味感慨深いような気もします。

貴重なご意見をどうもありがとうです、こういうことってやはり直接聞かねばわからないですから。地名の件は面白いです。函館だけ別扱い、というのも初耳でした。ほー、内地扱いと言うのですねえ。やはり面白いです。

2016/04/10 (Sun) 03:37 | EDIT | REPLY |   

車輪の上  

esさん

白状するとER-6と言うのを初めて聞いた時、ああ聞いたことないから海外仕様のモデル、あるいは名前違いなんだなと思ったのでした。先方はなんで知らないの?的なリアクションでしたし、後で知れば単に私の知識が不足していただけでしたが。600で入門車的に良いポジションなのでしょうね。良く見かけます。

いや、松本城と善光寺、と並べた時にちょっと予感がしたんですよ。ことわりを入れておいて良かった(笑)。そりゃもうまずは松本城に行きます。カラス城ですよね。お寺は二の次にしよう。

2016/04/10 (Sun) 03:49 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。