第二〇二稿(GSX-R、スピードメーター不良その二) - スポンサー広告一般整備
FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第二〇二稿(GSX-R、スピードメーター不良その二)

先日急にスピードメーターが正しい速度を示さなくなったわけですが、

第二〇一稿(GSX-R、スピードメーター不良)

最終的にメーターギアの不良だと気付くまでに、ワイヤーを替えメーター自体を替えと、我ながら私の人生なんて寄り道ばかりなんだろう、と思うばかり。とまれ、ホイールを回してワイヤー確認してみれば、ちゃんと回るけれども指でぎゅっと摘まむだけで止まってしまう。つまり空回りしてる。これでようやく犯人がメーターギアと確定できたのでした。



地面に敷いた絨毯にタイヤが擦ってるので回転が重い。本来はもっとクルクル回ります。
かなり軽い部類と思う。


そうとわかればあとは替えるだけ。しめしめ、これもちゃんと予備があるのよーと思いつつ在庫を漁ってみれば、

s-DSCN5075.jpg

どうも状態は良くない。どちらも15㎜アクスル用ですが、カラーの縁が双方とも欠けている。クリップが入る溝のせいで構造的に弱いのではないかと思われます。どうするか。

s-DSCN5084.jpg

いずれちゃんとしたものに替えるとして(それまでメーターを放置するという選択肢はない)、エポキシパテで埋めてしまった。これは決して良い考えではないと思います。でもとりあえず補強したくなった。仮に外れたらどうなる?とも思ったけれど、何も起きないでしょう。最悪砕けて樹脂のギア部が痛むかも。でもまあいいや。

クリップはもう使わない。これは構造的には何の役にも立ってなさそうです。

s-DSCN5077.jpgs-DSCN5085.jpg

分解時にバラバラにならない用くらいにしか思えない。クリップ無しで樹脂ギア部が外れずとまるのは下の写真の位置。装着されていれば、とっくにホイールに当たってる。だからなくても問題ないでしょう。

s-DSCN5079.jpg

さて、これで直るのだからキレイに掃除してグリス入れ直してワイヤーもしっかり繋ぎ、アクスル締めてフォーク整列だしてからピンチナット締めてトルク管理もばっちりだしカウルもつけて、高速乗って試すからウインカーも付けないとね!



ところがこれで直らず(四回目)。

おかしい。ついに私の理解を超えた。
し、仕方ないもう一個あるのだからそれも試そう。掃除はまあいいや、一応欠けてる縁はこれも補強しとくかカウルもう外すの面倒だから外さないけど別にいいよねギア替えるだけだしというか念のため走る前にワイヤーちょいとひねっとく。あ、



か、空回りするではないか!(五回目)。

おかしい。三つとも空回り?もしやこれが仕様とか?一定以上の負荷がかかった時に保護するため?そっか。
えっでも何を?

機械式のスピードメーターとはワイヤー側は磁石の円盤が空回りしているだけです。そこに非接触で針側にアルミのドラムが設置され、電磁誘導によって回転力が働くという仕組み。とにかく空回りしているだけのワイヤー側にそんな負荷がかかるはずがないし、むしろそんな負荷がかかるようなら既に壊れてる。
それに指でワイヤーつまんで止まるような保護回路ならあまりに過保護すぎでしょう。そんな繊細なスピードメーターで150㎞/hとか200㎞/hとか計れるわけがない。

あまりに揃って同じ状況なので、ついそれが普通かとも思いかけましたが、やはりそんなはずはない。新品を買うか…

WEBIKEさんで
54600-27A03(←27A01)、15㎜アクスル用(G):8,586円
54600-06B13(←06B10)、17㎜アクスル用(J):8,463円

こちらのディーラー価格で(単位ユーロ)
102.90
92.65

謎のスズキパーツ安売りサイト(ベルギー)で
53.43
48.12(安!130円換算で6000円ちょい)

む、これなら新品買った方が良いでしょう。色々無駄に悩まず現物見て判断できる。
とここまで来てパーツ情報を見ていたら、すでにちゃんと検証されてる先輩がいらっしゃいました。

メーターギアとスピードメーターケーブルについて(メーターギア編)
自分だけのカタナをつくる ~ Bike &DIY ~さま

羽の大きさが違ったのですね。86/87/88年のフロントホイールとアクスル・ベアリングの関係を調べておきながら、メーターギアはカラー径が15㎜と17㎜あるだけであとは同じと決めつけていた私が超絶愚かでした。知らねばあやうく15㎜用を買ってたかも。

s-DSCN5093.jpg

確かに羽の外周側は不自然な程つんつるてん。まさかここが滑っているとは思いもしなかった。


初期の6本スポークホイールと88年の3本スポークホイールで、そもそもベアリングの外径が違うのだから、同じメーターギアで良いはずもない。上のブログのオーサー様が仰っているように、88ホイールに短い羽を入れれば噛み合いが足りず、仮に先端が引っかかって回るとしても、樹脂でいずれは摩耗するでしょうから空回りに至るのでしょう。
逆に言えば、今まで数万キロ持ってたのが不思議な気もする。

s-DSCN5104.jpgs-DSCN5108.jpg

s-DSCN5111.jpgs-DSCN5105.jpg

左が15㎜アクスル用、右が17㎜アクスル用(の内側にカラー入り)。羽はどちらも短いタイプで47㎜。
カラー部の内径と羽の長さ以外は全く同サイズで互換性がある。
初期型1100の組み合わせは、よって以下のようになるはず。

86(G)15㎜短羽
87(H)17㎜短羽
88(J)17㎜長羽


中古も探しましたが、ヤフオクでもボンクワンでも目下丁度良いのがなく、新品を注文。
間違いなければ、羽の長い、17㎜アクスル用のメーターギアがくるはず。15㎜アクスル用の自作カラーを移植してそれで完治する。ヤレヤレ。

にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へ
にほんブログ村
(宣伝をお願いしてます!)
関連記事

Comments - 2

-  

勉強になりました

昨年ユーザー車検持ち込み時、「スピード30kmになったらフットペダルを踏んで」と初めての検査があり、何気にココ気にしていました。以前乗っていたキャノピー2stが3000km走ると樹脂ギア交換(2500円程)でしたが、値段が安いこと、車検が無いことから気にしませんでした。検査項目になるとそうはいかないですからね。それまでは壊れたらスマホGPSでいいやと簡単に考えていました。しかしキャノピーのギアと似ているのに2500円とは違い高いですね。(まあ高くてもH社と違い在庫があるだけ助かるのですが、最後は金額どうでもよくなりますからね。)まだシャリンさんのようにホーイル系で苦労していないので勉強になります。走行距離の多いシャリンさんのブログが私の予習になっております。これからも情報提供お願いします。 先日教えて頂いたサービスマニュアルのリンク、一旦シャリンさんのブログへ訪問するようにリンク替えさせてもらいますね。お互い訪問者少しでも多い方が更新意欲がでますからね。
ありがとうございました。

2016/03/21 (Mon) 09:32 | EDIT | REPLY |   

車輪の上  

No title

こんばんは、私の足元の諸問題はひとえに過去に適当に組まれてたからですね。国内と違って純正パーツが高い、中古も少ない&素人が日曜大工するのが普通の文化、というのもあるのでしょう。(家も壁壊して間取り変える位はみんな自分でやるひとが多いです。モビタさんも外壁塗装頑張ってくださいね)
そうでなければ、ここまでの問題はでないと思うのですが…スピード誤差は今はGPSで簡単にわかりますしね。樹脂のプロペラだって、そう簡単に壊れないような気もします。(でも私の予備のは割れてましたね…)
リンクの件ありがとうございます。お互いぼちぼちやっていきましょう!

2016/03/22 (Tue) 07:22 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。