第一六四稿(GSX-R1100、チェーンのセンターの問題) - スポンサー広告足
FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第一六四稿(GSX-R1100、チェーンのセンターの問題)

足回りの(セッティングとかの決して高尚なものでなく)諸問題を各個撃破してこれで安心だ!と思っていましたが、
等など。
でも、どうもまだまだ済まないようで、

s-DSCN3753.jpg

チェーンラインがスプロケに対してセンターに出てません。
外側に寄っています。

s-DSCN3759.jpg

前側下や上も確認しましたが、全周にわたってチェーンの方がスプロケに対して外側に出ています。
許容範囲なのかも知れませんが(すでにこの状態で5.000km以上走ってますが…)、やはり気になります。
と言うか何故これに気づいたかと言えば、後輪を上げて空回しさせると音がする。
コンっと言うような、ククッと言うような―

実は先だってホイールベアリングを交換した時に聞いていたのは、この音だったという。(記述を訂正しました)
ベアリングを替えた事自体は良かったので、それは良いのですが
勘違いはやはりよろしくない。勘違い多すぎですが、人生自体が勘違いなのだからシカタガない。

ちなみに音自体はこんなものです。



動画では手であえて寄せてますが、空回しをするとこれが時々カンカンとなる状態。
実はオイルをしっかり給油すると鳴らなくなります。
だから当初気づいた時には、ああたんに油切れかと思ったのですが
給油しても一度走るともう鳴りはじめる。10kmも走れば鳴るので、好ましくない気がします。

この先は仮説になりますが、
  1. かつてはチェーンルブを使っていたのが、諸先輩方の影響でオイルメンテにした。それによって目立つようになった。
  2. ドライブスプロケットのダンパーを新品に交換したが(2015/08)、エンジン側にも同じダンパーが入ってます。
s-DSCN2725.jpg

裏側はダンパーが存在していることだけは下から覗き込んで確認してますが、状態は確認してません(すれば良いのに)。片や新品ダンパー、裏はもしかすると27年選手のダンパーだと仮定すると、厚みが大分違うのかもしれません。
それによってチェーンがより外側に引っ張られてるのかも。

もっとも、そもそも純正のチェーンサイズは今どき使われない532で、それを530に替えてますし、スプロケだって社外品だし特に理由がなくとも多少はズレるものなのかも知れません。
実はGSX-R以前はチェーン駆動のバイクを所有したことがないのでわからないのです。

いずれにしても真ん中にしたいので、シムなるものを入れて調整してみるのですが、
とりあえず後ろのスプロケット(ドリブン)に噛ませて、外側にわずかに出すようにしたいと思います。
ドライブスプロケを内側に追い込むよりは簡単だろうという目論見。
ちなみにボルトはM10、ここに0.5㎜厚、ステンレスのしっかりしたものを入れてみる予定ですが、
ナットのかかりがその分浅くなるであろうのが気になると言えば気になります。
あと、そもそもチェーンが外に寄っているだけならば、寄りっぱなしで音はしないのでは?という疑問もある。

やってみないとわかりませんが、シムが来たら続きます。

にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へ
にほんブログ村
関連記事
  • Comment:2
  • Trackback:0

Comments - 2

ろりつね  

No title

私も520にコンバートしていますがズレはないですね。
ドライブスプロケットの裏表が逆、チェーンのテンションが強すぎる、アクスルが斜めになっている、すでに偏摩耗していて寄ってしまう?

音はスプロケに乗り上げてるから?かも知れません。駆動系、制動系は怖いですね。

2015/11/09 (Mon) 17:30 | EDIT | REPLY |   

車輪の上  

No title

こんにちは、コメントをどうもありがとうです。
ドライブスプロケットの表裏に関しては確かに確認した方が良い気がしてきました。(あまり信用できない)お店に頼んで交換しましたからねえ。チェーンの張りは一応規定内に収まってますが、どちらかと言えば緩いというよりは張り気味かも。すでに偏摩耗して、というのは残念過ぎますが、その可能性も考えないといけませんね。
いずれにしても再度確認しようと思ってます。ところで520コンバート良さそうですね、私も多分次回は検討すると思います。

2015/11/09 (Mon) 23:24 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。